ジョジョの奇妙なドリームリマッチ⑧⑧

ジョジョの奇妙なドリームリマッチ(第2部)

イギーのザ・フール&ポルナレフのシルバーチャリオッツの戦いその②

ポルナレフは見覚えのある建物の中にいた。

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

ポ「この階段…このカーテン…忘れもしねぇ…DIOの野郎にいいように遊ばれた階段…だ!」

この戦いDIOは関係がないのは分かっていたが、どうしても嫌な感じがしてしまう。

パチッパチッパチッパチッ!

階段の上から誰かが拍手している…

DIOじゃあねぇ、DIOじゃああねぇ、DIOじゃあああねぇッ!

心の中で何度も呟く。。。

恐怖を感じつつも上を見上げるとそこにはカーテンか何かで顔を覆った男がいた。

ポルナレフ「てめー、なんのつもりだッ!こんなんで俺がビビると思ってるのか!」

???「それならば階段をのぼるが良いッ!」

聴いたことのあるような…声だ。

恐る恐る階段をのぼる…後退はしていない。

全てのぼり終えると、その男はまた
パチッパチッパチッパチッッ!
と拍手をした。

ポルナレフは怒りながら
「てめーおちょくってんのか!コラーッ!顔を見せやがれッ!」と言い…
シルバーチャリオッツで覆ったカーテンを切り裂いた!

ポ「え?お・おれ?」

スティッキィ・フィンガーズッ!

ポルナレフが一瞬怯んだ隙にブチャラティのスティッキィ・フィンガーズがシルバーチャリオッツをバラバラにし…床にドサドサッ!と転がった。

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

白③
ポルナレフ

再起不能(リタイア)

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

To be continued

⑧⑨はこちら

コメントを残す