ラブデラックスは砕けない

ラブデラックスは砕けない

(広瀬と山岸と岸辺の物語)

プルルルッガチャ。

康一「はい広瀬です。」

露伴「やあ康一君。今良いかい?」

康一「これから塾に行くんですけど…」

露伴「そうか、今週の土曜日は空いているかい?」

康一「(相変わらずだなぁ)土曜日はそのぅ…
由花子さんとデートでして…」

 

露伴「なにぃ!
この岸辺露伴がスケジュールを空けるのにどれだけ苦労したと思っているんだねッ!
どこに行くってんだ?え?」

 

康一「定禅寺に新しくできたカフェに行くんですが…
一緒に行きますか?(まさか…断りますよねぇ?)」

 

露伴「勿論だ!次の休みは3ヶ月後だからね。」

 

康一「由花子さんに聞いてみます(まったく…強引だなぁ…由花子さん怒るかなぁ)」

プルルルッ!ガチャ!

由花子「はい山岸です。」

康一「や・やあ由花子さん」

由花子「嬉しいッ!康一君から電話してくれるなんて…」

康一「それで土曜日のデートなんだけど…」

ドキドキドキドキドキ

由花子「なぁに?」

康一「露伴先生も行きたいって言うんだけど…そのぅ…良い?」

康一「(沈黙が怖い…)」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

由花子「良いに決まってるじゃあないの~。楽しみねぇ」

康一「(良かった、怒ってないみたいだ)うん。そ・そうだね。それじゃあ、土曜日杜王駅でね」

由花子「は~い」

ガチャリ

由花子「あの漫画家!殺してやるわッ!」

土曜日当日。

杜王駅。

すでに待っている露伴。

露伴「あの女あんまり康一君にちょっかい出さないようにヘブンズ・ドアーで書き込んでやらないとな…」

そこに康一と由花子が現れる。

康一「(なんか緊張してお腹痛くなってきたぞ)
お待たせしました。露伴先生」

露伴「いや、今来たところさ。
すまないね山岸さん、無理言ってしまって。」

 

由花子「良いのよ~。」

康一「ウッ、ゴメン急にお腹が…
少しトイレに行ってくるから待っていて。」

康一君は駅のトイレへ駆け込んだ。

(やっと二人になったか)

露伴「うむを言わせず先手必勝さ!
ヘブンズ・ドアーッ!

広瀬康一にちょっかいをだせない!
よし。これでこいつは康一くんにちょっかい出せないぞ…
康一君の1番はこの岸辺露伴さ。」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

本の中の文字「山岸由花子は広瀬康一にちょっかいをだせ………る!」

由花子の白い髪が露伴の首を一気に絞める!

露伴「な・なぜだぁ?」

白髪由花子「こんな事だろうと思ったわ!」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

白髪由花子「私は康一君との愛を妨害させ無いために生まれた第二の能力よッ!

本人は気づいていないみたいだけど…
あなたへの殺意が私を生んだみたいね。
ふふん。
「愛」は無敵ですもの…」

露伴「こ・こんな・バ…バカな…」

露伴は意識を失った。

完?

スタンド名

ラブデラックス・アナザーホワイト

破壊力           A
スピード       C
精密動作性   C
射程距離       A
持続力           A
愛           ∞

康一君との関係を妨害するものに対して無意識に発動する。

相手の能力を受け付けない。

相手を無力化するまで行動をやめない。

まさに愛は『無敵』である。

康一君が止めに入るまで止まらない?

ーーーーーーーーーーーーーーーー

その後二人はカフェに行った。

岸辺露伴は駅のロッカーにねじ込まれていたのを翌日駅員が発見する。

ピンクダークの少年またもや休載。

完!

他の作品はこちら

虹村億奏亜空間に行く

ガッツのG

コメントを残す