ジョジョの奇妙なドリームリマッチ⑨③

ジョジョの奇妙なドリームリマッチ(第2部)

第4試合前その①

やられはしたものの軽傷で帰ってきたポルナレフとイギー。

手かげんされていたのか…

ジョセフ「いよいよ後が無くなったのぉ…」

白③の控え室の空気は重い。

ジ「まずは相手の出方を見るしかないの…」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

白⑤控え室

アバッキオはやけに機嫌が良かった…

ア「まったく俺にばっかり働かせやがってよぉッ!こんなに走ったのは警官になったばかりの頃以来だぜッ!」

ブチャラティ「そういうなアバッキオ。お前は本編で大したことしてねぇんだ、そのくらい良いだろう?」

シーン

ア「ひでぇ事を言いやがるぜ!だが、その通りだ。これで少しは皆の役にたったかな。俺が最後に作ったデスマスクなんて役にたってねぇもんなぁ…」

シーーン

ブ「そういうなアバッキオ~」

ブチャラティとアバッキオはイチャついてる…

ドドドドドドドドドドドドドドドドドド

フーゴ「さて二人は置いておいて、次をどうするか?だな。」

怪我は治っているもののダメージや疲労でしゃがみ込んでいるミスタが言った。

ミスタ「ジョルノが出ておしまいだろ」

ポルナレフさん「待ってくれッ!俺に出させてくれないか?勝てるか勝てないかはわからんが…戦わないといけないヤツがいるんだ。頼む!ジョルノ!」

ジョルノ「フーゴ…どうしますか?」

フ「いいんじゃあないですか?負けても次にジョル…ボスが勝てばいいだけでしょう?」

ポ「メルシー!ありがとう」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

白⑤ポルナレフさん

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

To be continued

⑨④はこちら

コメントを残す