ジョジョの奇妙なドリームリマッチ①◎③

ジョジョの奇妙なドリームリマッチ(第2部)

第二試合前その①

戦闘潮流控え室。

扉から『ゴロリ』と転がってきたカーズ岩…そこにエシディシとワムウが近づいていく。

 

エシディシ「カーズ様ッ!このような体になってしまって…」

ワムウ「カーズ様…」

カーズ「泣くでないワムウ!」

エシディシ&ワムウ「ハッ?」

カ「今は直接頭の中に語りかけておるッ!皆にすまないと伝えてくれるか?」

エ&ワ「ということです。」

ジョセフ「くおの!散々偉そうにしておいてそのザマかよ!え?カーズよぉ。」

エ&ワ「マジですいませんとのことです。」

ジ「なーんかニヤケ顔に見えるんだよなぁ、その考えるのをやめたポーズよぉ」

エ&ワ「そんな事はない。この私の美しさが分からんのか?とのことです。」

ジ「くっ!」

スピードワゴン「やめんかお前ら!今は黒④の出方を見ようではないか…良いな!」

ジ「チッ!スピードワゴンのじいさんが言うんじゃあしょうがねえなあ~っ」

エ&ワ「ハッ!とのことです。」

ドドドドドドドドドドドドドドドドドド

黒④控え室。

吉良吉廣がヒラヒラと扉から出てきた。

真っ先に吉影の元に行ったが「フン!」とつまらなそうな対応…

音石明がギターを弾きながら歓迎している。

ドリュデドリュデドリュデリラリラリリーン♪

音「おめでとうじいさん!呆気なかったな!」

吉廣「おお、ありがとう。こんなに歓迎されたのは何時以来じゃろか…ウルウル」

アンジェロ「よし!ダメ元の作戦だったが吉と出たな。次はどうするか…今回は杜王町での戦いだな…音石明か鋼田一豊大か?」

To be continued

 

①◎④へ

コメントを残す