ジョジョの奇妙なドリームリマッチ⑯

ジョジョの奇妙なドリームリマッチ(第2部)

鋼入りのダンの探索活動その②

各部屋のミーティングの内容をウィルソン・フィリップス

(以下はウィルと呼ぶ。皆もそう呼んでいる。)に伝える。

ウィルにTL部屋の中の様子を聞く。

中にはジョジョの奇妙な冒険1~63巻の単行本があり、大きなリクライニングソファー、そして飲み物もコーラ、コーヒー、オレンジジュース、お茶が飲み放題だそうだ。

時間も止まっているようだと。

トーナメントの組み合わせが公表され、また室内に戻るとTL部屋とトイレの間に新しく扉が出来ていた。

相手チームがサーレーとかいう奴に決まりこちらが誰がいくのか皆ウィルの発言を待った。

ウィルはしばらく考えた後にDIO様をチラリと見てから

「ラバーソールさんにお願いできますか?」

とビクビクした感じで言った。

ラバーソールは不服そうに

「何でオレなんだ?オレはこんなやつの意見聞かねぇぞ!」

バギィ!

???

ラバーソールの鼻を左側にへし折るDIO。

「私がこいつにやれと言ったんだ。

こいつの言うことは私が言うのと同じだと思え!

まだこいつの話すら聞いていないではないか!」

そして今度は右側に鼻を折り、ちょうど元の形に戻す。

血はダラダラと出ているが…

ウ「(DIO様!私のためにっ!このウィルソン・フィリップス上院議員DIO様の為に全身全霊をつくしましょうッ!!)」

ラバーソールは止血し何やらウィルと話始めた。

そして何やらメモ紙のような物を渡しラバーソールはそれを受け取った。

ラ「それではDIO様行ってきます。」

D「フン!先程はすまなかったな。」

ラ「いえ、DIO様。私が悪かったのです…

必ず勝って戻って参ります。」

D「フン!」

そう言うと扉を開けて中に入って行った。

その瞬間ラバーズを飛ばすがラバーズは弾き飛ばされ入ることは出来なかった。

その事をウィルに伝える。

ウィルはニヤリと笑った。

中央の扉は堅く閉ざされた。

そのあと花京院と合流する。

花「ダン。君は生きているんだろう?

そして、僕は本当はすでに死んでいるんだろう?答えてくれ!」

To be continued

⑰はこちら

コメントを残す