ガッツのGその②

☆ガッツのGその②
(パープルヘイズとキング・クリムゾン)

フーゴは地面に力なく腰を下ろした。

「分かっているのか?

 

ブチャラティ!

パッショーネの構成員が756人。

その全てを敵に回したんだぞ…

スタンド使いが何人いる?

これまでは娘がいたから付け入る隙があった…
だが今後はどうだ?

無差別に攻撃されたらどうする?

防ぎようがあるのか?

僕には分からないよ。

ナランチャ…君まで…クソッ!」

 

フーゴは無意識にパープルヘイズを出してしまい、無意識にパープルヘイズは近くの壁を殴っていた。

 

?「ボスッ!どうやら一人スタンド使いが残っているようです…アレは…
ひぃぃいぃー!フーゴの野郎です。
パープルヘイズが近くの壁を殴ってます!」

 

ガサッ!

 

フーゴ「だ・誰だ?」

 

フーゴは咄嗟に身構える。

 

ドッピオ「お前はフーゴだな。
俺はボスの側近中の側近!
ヴィネガードッピオ。
お・おまえ、スタンドをそれ以上近づけるなよ!」

 

ドッピオと名乗る男はビビりながら後退りし距離をとった。

 

フーゴ「(こいつが側近だと?)ボスの命令か?僕を処刑しに来たのか?」

 

ド「そうだ!
だがボスは少しお前と話がしたいらしい。
お前はこれで目隠しをし(そういって黒い布を投げて渡す)さらに後ろを向いて両腕を頭の後ろで組むんだ。

 

パープルヘイズは近づけるなよ。」

 

ぐあるるるるッ!

フーゴはこのドッピオを人質にしようかと悩むがパープルヘイズの異常な怯え方をみて諦める。

 

言われた通りの目隠しと姿勢をする。

 

フーゴ「これで良いのか?」

 

ディアボロ「それでいい…」

 

フーゴは突然殺意の籠った声を聞き震えあがった…

 

フーゴ「(ボスがここにいるッ!…)」

 

To be continued

ガッツのGその③

コメントを残す