ジョジョの奇妙なドリームリマッチ③③

ジョジョの奇妙なドリームリマッチ(第2部)

プロシュートのグレイトフル・デッド&ペッシのビーチ・ボーイズとンドゥールのゲブ神&アレッシーのセト神その③

プロシュートはペッシを常に視界に入れながら警戒しつつ5両目を目指す。

「ペッシッ!成長するんだッ!お前は暗殺チームを背負ってたつ人間になれるんだッ!自信を持てッ!」

ペッシの行動をカバーしながら歩みを進める。
ペッシが警戒しているせいか、ンドゥールの攻撃は2両目以降まるっきり来ない…

おかしい、何かヤバイッ!!

ペッシを追い越し5両目を目指す。

物音を立てて移動するが攻撃は来ない…
殆どの乗客は老人と化している為動きがあまりない、だから攻撃がないのかと思っていたが…

5両目につくと居やがった、アレッシーがバーの製氷機の前に陣取り銃を構えて立っていた。

こちらには気付いていないようだ。

そっと近づき、いつでも殺れる位置でペッシの到着を待つ。

アレッシーの奥の製氷機はぶっ壊されていた!あいつら、なにを考えていやがる!

そしてペッシがやっとの事5両目に到着した。

To be continued

③④はこちら

“ジョジョの奇妙なドリームリマッチ③③” への2件の返信

コメントを残す