吉良吉影の戦いその⑤

吉良吉影の戦い

第5の戦い。

戦いはついに佳境に入りました。

クレイジーダイヤモンドとキラークイーンの直接対決がメイン。

クレイジー・Dは砕けないその①

「爆発」と「空気」この世にこれほど相性のいいものがあるだろうかッ!?

このためにあいつは『猫草』を育てていたなんて

最初からここまで考えていたのは凄い。

まぁもっと相性のいいものありそうだけど。

承太郎「いや…なんでもない…雨の音が仗助の声に聞こえたと思っただけだ…」

ちょっとなにを言っているかわからない…

「思い込む」という事は何よりも「恐ろしい」事だ…

しかも自分の能力や才能を優れたものと過信している時はさらに始末が悪い。

めちゃめちゃ良いこと言う。

避ける選択肢が弱いときに真っ直ぐ突っ切るってパターン良くある。

仗助が億泰に触る直前の吉良吉影の不気味な微笑みは最高のシーン。

早人はいち早く気付く!

億泰の体はまさか???

次回へ

クレイジー・Dは砕けないその②

接触弾と着弾点火弾はどうやってうち分けているのか?

ドバォが接触弾でドバァが着弾点火弾!

人質をとって精神的に追い詰める吉良吉影はさすが!

早人がいなかったら負けていたね。

爆弾は1発ずつという謎をスタンド使いでもないのに解明する早人は天才君。

早人は良い指導者になるよ。

自分の命も平等に捨てられる。

ブチャラティかよ。

まずは仗助だったのだッ!

仗助を始末してしまえば全ては終るって事がよくわかった!

『キラークイーン』!

ここの『キラークイーン』!ってどんな意味?

目を覚まさない億泰。

身体から煙みたいのが出始めたらピンチ。

魂が抜けてその魂がこっちに向かって話始めたり「ニヤリ」ってしたら大ピンチ。

億泰死んだのか???

次回へ。

クレイジー・Dは砕けないその③

子供の頃を思い出すなあ~

行きたくもない「サマーキャンプ」でこうやって距離を計ったっけなあ~

フフ

このセリフ大好き。

子供の頃なんて殆どの行事が「行きたくもない」だったよなぁ。

三角比の計算やったなぁ。

「ジョー・モンタナ」の投げるタッチダウンパスのように確実にやつの鼻先に突っ込みその位置で「点火」してやる!

ジョー・モンタナってアメフトの選手みたいね。

あせるな…吉影…確実に仗助を破壊するのだ…もうちょっと!あと1メートルやつにひきつけてから『点火する(スイッチを入れる)』のだ…!

ここのルビ好き。

「治す能力」…

気に入らん…

あの「治す能力」さえなければ…

わたしの「爆弾」は無敵だ…

わたしの「心の平和」にとってもっとも恐れるへきだったのは承太郎ではないあいつだったのだ!

東方仗助

こういうシーンよくある。

ー雨があがったー

この終わり方ジョジョでは珍しい。

次回へ。

クレイジー・Dは砕けないその④

会社の部長に遅刻の断りを電話でする吉良。ペコペコペコペコォーッ。

梨央ちゃんのお隣さんかなりキャラが立っている。

キラークイーンが窓開けて梨央ちゃんのパンティとって爆弾にするシーン想像すると面白い。

億泰の死を受け入れて覚悟を決めた仗助…カッチョいい。

空気弾がなぜか仗助に向かっていく!

なぜだ!

キラークイーンのお手手が!!

次回へ。

クレイジー・Dは砕けないその⑤

仗助さん!

『空気弾』が近づいて来て見えた時はもうおしまいだッ!

の時のポーズカッコいいよね。

ちゃんと考えがあってお家にはいったのね。タバコの灰で軌道を読む。

ヴァニラ・アイスみたい。

ガラス弾を飛ばす仗助!

そして、空気弾が仗助に着弾ッ!

ガラス弾がガードされてしまう…

と思いきやガラスの中の血がその③で飛ばした血の「水圧カッター」でつけた吉良の服目掛けて刺さる。

オレの『自動追尾弾』だぜ…

ドボオオオ!

吉良吉影ビックリ

次回へ。

コメントを残す