ジョジョの奇妙なドリームリマッチ③⑤

ジョジョの奇妙なドリームリマッチ(第2部)

プロシュートのグレイトフル・デッド&ペッシのビーチ・ボーイズとンドゥールのゲブ神&アレッシーのセト神その⑤

ペッシは5両目に入るやいなやアレッシーを見つけビーチ・ボーイを飛ばす。
ビーチ・ボーイはアレッシーの左爪先に命中ッ!

ペ「てめー、そこを退きやがれッ!」

アレッシーはビーチ・ボーイに抗う事もなくペッシに向かって走る。

その奥には壊れた、空っぽの製氷機がっ!

一瞬怯んだスキにアレッシーは近づき、銃を一発放つ。

弾はあらぬ方向に飛ぶが(射撃は下手っぽいゾ)ビックリしてビーチ・ボーイを解除してしまったッ!

ペ「てめー、製氷機を壊して…頭イカレてるのか?…」

ア「(ビニールに大量に入った氷を見せつけ)これだけ有れば十分だぜッ!さあ!覚悟はいいか?」

アレッシーのスタンドがいつの間にか伸びてきていてペッシは5歳位の子供になっていた。

タンっタンっタンっと頭を3回叩かれ「覚悟はできたようだなッ!えらいネェ~~❗」

すると…背後から…

???「ねえぇぇあんたあああ
助けてほしいんだよォォォ
天下一品のこってりラーメンが好物だったのにさあああ急に食いたくなくなったんだ…
あっさり味がよくってさあああ
オレどうおおおなっちまってんだよオオオ~」

ア「ま・まさか?」

???「そうだよ、そのまさかだよ、ギュッギュッ「直」は素早いんだぜパワー全開だぁ~『グレイトフル・デッド』の「直」ざわりはよおおお」

ア「ひゃああぁぁッ!」
急激に老化されるアレッシー。
アレッシーは倒れる間際、男の足を3回叩いた。

「タタンっタタンっタタンっ」

そしてさらに老化が進む中、意識が遠退いた…

To be continued

③⑥はこちら

“ジョジョの奇妙なドリームリマッチ③⑤” への1件の返信

コメントを残す