ジョジョの奇妙なドリームリマッチ③⑦

ジョジョの奇妙なドリームリマッチ(第2部)

プロシュートのグレイトフル・デッド&ペッシのビーチ・ボーイズとンドゥールのゲブ神&アレッシーのセト神その⑦

ン「ほほぅ、やはり身を隠して長期戦に持ち込んだか…クククッ全て作戦通りと言うものよ!そろそろアレッシーもこちらに合流する頃。アレッシーが来た時点で俺達の勝ちは確定する。」

かなりヨボヨボになったジジィのンドゥールはニヤリと笑った。

プ「おかしい!何故かこのンドゥールのスタンド、弱まる気配が無い…ま・まさか?」

プロシュートは5両目に戻るとッ!
アレッシーの死体が無いッ!

なぜだ?
ヤツが「生きているのは」太陽が西から昇らないのと同じようにおかしい!

7両目と6両目の間のスタンドはさっきから微動だにしない…
ここは通れない…となるとオレも覚悟を決めなきゃあならんッ!

「スゥーッ!」
深く深呼吸をして。
バリン!ガシャーン!

車両の窓を割り外へ!
一か八か外から10両目を目指す。

うおぉぉぉーッ!

外は物凄い風圧、動いている電車を飛び出し再度車両に突入する。こんなこと!出来るのか? いや、出来るのかじゃあねぇ、出来ただ!行動は完了させなければならないッ!

バリンッ!ゴロゴロゴローッ!

なんとか、奇跡的に、外からの侵入に成功し…グレイトフル・デッドを出して身構える。
ここは何両目だ?
9両目?
良しッ!
このまま決着をつけてやるッ!

10両目に入ると…

ン「運良く、いや運悪くか?たどり着けたようだな。」

そこには若々しさを保ったンドゥールがいたッ!

To be continued

③⑧はこちら

“ジョジョの奇妙なドリームリマッチ③⑦” への2件の返信

  1. アレッシーが生きているトリックがさっぱりわかりません^^;
    nikoda2さん、ミステリー作家とか向いているかもしれませんね。流れ的にはプロシュート不利ですが、どうなることか

コメントを残す