ジョジョ巻毎の感想3

ジョジョ感想3巻

①凶人ジャック&奇人ツェペリ

 

ジャックとツェペリの対比、どっちも変人だが敵か味方か。

 

 

座ったままの姿勢からのジャンプ、そしてパウッ!

 

3巻②奇跡のエネルギー

 

波紋?
仙道?
血液?

ここで難しくて挫折する人いたんじゃない?

波紋が水面にゾザザザザァの絵が凄い。

るオオオオオ!!の顔が怖い。

ここでカエル以外の生き物、メメタァ以外の擬音だったらひょっとしたらそんなに注目されなかったのでは?

 

3巻③洋上の惨劇

 

ズームパンチは衝撃的。

 

関節外してもあんなに伸びるか?

 

ツェペリ父は何故被る?

 

何故血を浴びる?

 

ツェペリジョナサンの頭撫でまくり。

 

3巻④呪われた町

 

ウインドナイツロットって実在するん?

 

ツェペリの飲んでるワインよくみるとメイドインジャパン。

 

3巻⑤恐怖を我が物とせよ

名シーン、名セリフ多し。

 

「屠所の…ブタのように…青ざめた面にしてからおまえらの鮮血のあたたかさをあぁぁ味わってやる!」小指を切る。

ウヒヒヒヒ顔をナイフで差す。

「絶望ォーに身をよじれィ虫けらどもォォォーッ!!」

ジャックなかなか教養ある?

戦いの思考その①「もし自分が敵なら」と相手の立場に身をおく思考!

ここでしか使わない?

波紋カッターッ!!

パパウパウパウフヒィーン変な擬音と変なポーズ。

らしいね。

戦いの思考のその②

 

「ノミっているよなぁ…ちっぽけな虫けらのノミじゃよ!

 

あの虫は我々巨大で頭のいい人間にところかまわず攻撃を仕掛けて戦いを挑んでくるなあ

!巨大な敵に立ち向かうノミ…

これは『勇気』と呼べるだろうかねェ。」

スボァ「ノミどものは『勇気』とは呼べんなあ。それではジョジョ!『勇気』とはいったい何か!?

『勇気』とは『怖さ』を知ることッ!『恐怖』を我が物とすることじゃあッ!」

「呼吸をみだすのは『恐怖』!

だが『恐怖』を支配した時!呼吸は規則正しくみだれないッ!

 

波紋法の呼吸は『勇気』の産物!!

 

人間賛歌は『勇気』の賛歌ッ!!

 

人間のすばらしさは勇気のすばらしさ!!

 

いくら強くてもこいつら屍生人は『勇気』を知らん!

 

ノミと同類よォーッ!」

 

長い。だが、素晴らしい。

 

3巻⑥北風とバイキング

 

戦いの思考その③

 

「北風が勇者バイキングをつくった」

 

ピンチをチャンスに変えろってことだね。

 

ワインを1滴もこぼさないということは、動きに制限を課しピンチを意図的につくるということ、だがそのピンチの元のワインこそが波紋探知機として機能しチャンスとなる。

そして、「ふるえるぞハート!燃えつきるほどヒート!!」の名セリフ!!

 

最後のツェペリさんのセリフ「よぉーし『風はバイキングをつくった』ぞ」ってずっと」『北風はバイキングをつくった』ぞだと思っていたぞ。

 

なんかピンチを乗り越えた時は『よぉーし○○は××をつくったぞ』と言おう。

 

3巻⑦罠への招待

 

スピードワゴンが「俺は物を盗むがあいつは命を盗むッ!!」ってジョナサン殺そうとしていたじゃぁないか!!

 

ポコが顔に手を添えるジョジョポーズを初めてやった?

 

ディオ登場!

 

格好いい!!

 

3巻⑧血も凍る仮面力

 

ツェペリ「きさまーいったい何人の生命をその傷のために吸い取った!?」

 

ディオ「おまえは今まで食ったパンの枚数をおぼえているのか?」グ…

 

ジョナサン「ツェペリさん!」

 

ツェペリ「まかしとけい!!音をあげさせてやる、パウッ」バシイインんでポーズの流れは良いね。

バックに月!

 

3巻⑨暗黒の騎士達

 

月をバックに3人が手を重ねて…

ありえないしあんまかっこよくない。

 

強すぎる、奴のエネルギーの方がわしらふたり分より五倍は強い!

 

よく勝てたなぁ。

 

3巻⑩過去からの復讐鬼

 

タルカスとブラフォード実在したのか?

 

タルカスでかすぎ。

 

4巻へ

 

コメントを残す