ジョジョの奇妙なドリームリマッチ⑤⑨

ジョジョの奇妙なドリームリマッチ(第2部)

タルカス!黒騎士ブラフォード!は仲悪い?その③

タルカスは噴水の中のデカイ亀に興味を示していた。

タ「ここは我らがいた時代ではない…だが何故か文字は読める…杜王町へようこそ…ここはモリオーチョーという街のようだ、そしてこれは噴水という水の出る彫刻のようだ…どういう仕組みなのだ?」

そうして観察をしているとデカイ亀が出てきたのだ。

タ「この狂暴そうな亀…しかし目はつぶらで可愛い…」

そーっと頭を触ろうとした時。

ブラフォード「タルカスよッ!こんなところにいたのか…聞いて喜べッ!なんと、なんと我らが女王が生きていらしたのだッ!」

ブラフォードはかなり興奮ぎみに一気に捲し立てた!

ブ「さあタルカスよ一緒に来るのだ!女王を待たせてはいけない!!」

タルカスも興奮していた。

タ「女王よ…よくぞご無事で(涙が出そうなのをこらえて…)よしッ!女王の所まで連れていってくれッ!」

そういうとタルカスは噴水のデカイ亀を脇に抱えブラフォードに着いていった。

ブ「なんだ?その亀は?」

タ「うむ。可愛いだろう?」

ブラフォードはそのワニのような亀を可愛いとは思えなかったが…

ブ「ああ、我らの時代にはいなかった面白い亀だな」

とだけ言った。

そして、二人で走り…女王が見えて来たッ!

タル&ブラ「あれはまさしく……メアリー・スチュアート女王ッ!」

二人は由花子の目の前で泣きながら片膝をついた。

康一は遠くから

「早人君。作戦は成功しそうだよ。」

と呟いた。

To be continued

⑥◎はこちら

コメントを残す