ジョジョの奇妙なドリームリマッチ⑥◎

ジョジョの奇妙なドリームリマッチ(第2部)

タルカス!黒騎士ブラフォード!は仲悪い?その④

早人「今回の敵タルカス&ブラフォードはメアリー・スチュアートという女王に忠誠を誓った騎士…女王の言うことなら何でも聞く可能性がある。だから、辻彩さんのシンデレラで由花子さんに特殊なエステを施してもらう…出来ますか?」

辻彩「フゥー…面白そうね…由花子さんさえ良ければ…そうねぇ『マリーアントワネット』風に仕上げてあげるわよ。いかがかしら?」

由花子「…康一君さえ良ければやるわ」

シーン…

康一「この作戦さえうまく行けば誰も傷つかずに戦いを終わらせる事ができる…いざってときは由花子さんッ!僕が必ず守るから安心して」

由「わかったわ、彩先生お願いします」

ドドドドドドドドドドトドドドドドドド

由「タルカス、ブラフォードよあなたたちは良くやってくれました。これからは私とあなたたち3人で静に暮らしましょう。その為にもこの戦いを終わらせなくては成りません…自分の名前を言い、その後にギブアップしますと言いなさい。そうすれば3人で暮らすことが出来るのですッ!」

タル&ブラフ「はッ!私タブルラカフ」

ガブッ!
???

タルカスは脇腹に激痛を感じた。
見ると先程の亀がタルカスの脇腹に牙を立てていた。
タルカスは亀を持ち上げ近くにあった岩に投げつけたッ!亀はピグピグ痙攣していた。
タ「何をするだァーッ」
と改めて女王を観ると…
「だ・誰だ?貴様は?女王は何処だ?」
ブ「タルカスよ!どうしたのだ?」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

タ「MMMMMOOOOWW」
と叫んだ後にブラフォードに平手打ちをかました。
ブ「何をするだァーッタルカスよ!」
タ「落ち着け、ブラフォードよ、女王を観るのだ!」

康一「ヤバイッ!!由花子さんッ!魔法は解けている…」

由「どうしました?」

問答無用で襲いかかるブラフォードッ!

タルカスは亀に近寄り…
タ「すまぬ、すまぬ…」とブツブツ言っていた。

由花子はブラフォードの殺気に気付き臨戦態勢に入った。

由花子は視界に入った康一君にタルカスに注意するよう合図した。

由「作戦は失敗したようね…まぁいいわッ!あんた『も』髪の毛を使うんでしょう?かかって来なさい!荒っぽいことをさせてもらうわッ!!」

To be continued

⑥①はこちら

コメントを残す